>

車は命にかかわる商品

中古車購入の王道

中古車購入において最もオーソドックスなのは、中古車販売店やディーラーの店に足を運ぶ事です。
店頭に並んだ車の中から、直接自分の目で見て車を選ぶ事ができますし、店員から専門的なアドバイス等を受ける事も可能です。多くの場合、保証付きで売られていますから安心して購入できます。

「中古車購入の際、重要なのは車以上に店」と言う業界の方もいます。車が良くても、店の中が過度に汚い、店員の対応に問題がある等の場合は、そこでの購入は考え直した方が良いかもしれません。

車はアフターサービスが肝です。信頼できる店であれば、信頼できる商品を売っている筈ですし、万が一の時には保証もしっかりしている筈です。
「木を見て森を見ず」ということわざがありますが、「車を見て店を見ず」の状態にならないよう、気を付けたいですね。

中古車販売店の注意点

信頼度で言えば間違いない販売店での購入ですが、厄介な点もあります。
それは、「店側の営業に付き合わされる」事です。

当然ながら店舗も商売ですから、利益を出さなくてはいけません。特に店にいる営業マンなどは、個人レベルで社内の売上競争にさらされている場合が多い為、言ってしまえばかなりの「肉食系」です。事実、「しつこく営業されるのが面倒」という消費者の声も少なくないようです。

信頼できるからと言って、営業マンに車選びを丸投げしていると、勧められるがままに高価な買い物をしてしまう恐れがあります。俗な言い方をすれば「カモ」にされるのです。
専門的見地からの説明には耳を傾けつつも、あくまで決定権は自分が握っているのですから、自分の意思で車を選ぶ事が大切です。


この記事をシェアする